NHKあさイチ「ミルクティーの世界」ティーラテレシピを紹介

NHK総合で放送の【あさイチ】2021年2月15日は、今人気の「ミルクティー」を特集。

ここでは、NHK総合で放送の”あさイチ”「お家時間の味方 ミルクティーの知らない世界」で紹介されたミルクティーの極意、ティーラテのレシピなどについてご紹介しています。

目次

達人のミルクティー極意 意外と知らないおいしいレシピ

ミルクティーを家で作ると紅茶の味がしないなど、なんとなくイマイチになってしまいますよね?

そんなミルクティーをおいしく作る極意を達人である紅茶専門店オーナーの宮脇樹里さんが教えてくれました。

宮脇さんは、本場イギリスでティールームを経営。

紅茶の達人といわれるイギリス紅茶界で最も名誉ある”トップティープレイス”を受賞しています。

宮脇さんの黄金ルールを実践すれば見違えるようなミルクティーができると言います。

宮脇さんいわく、人生が変わると言っても過言ではないということでした。

人生が変わるくらいミルクティーなら、ぜひ試してみたいものですね!

宮脇流「ミルクティーの黄金ルール」レシピ

  1. カップを温める
  2. お湯は沸騰直前で
  3. じっくり抽出
  4. ミルクは常温に

1.カップを温める

まず、カップを温めます。

沸かした湯を空のカップに注ぎ5分ほどしたら捨てます。

紅茶は冷めると渋みが出るので少しでも冷めるのを防ぐことが大事なんです。

2.お湯は沸騰直前で

沸騰の直前、泡が出始めてすぐのところで火を止めるのがポイント。

なぜ、沸騰直前がいいのか?

沸騰した100度のお湯と、沸騰直前の95度のお湯のポットに茶葉を入れて比較してみると、100度のお湯はしばらくすると茶葉がポットの底に沈んでしまいます。

一方、95度のお湯の茶葉は2分ほど経過するとポットの中で回転をし始めるのです。

この現象をジャンピングといい、気泡により茶葉が湯の中を行ったり来たりし、うまみや香りなどの成分がよく溶け出しおいしくなるというのです。

この現象はティーバッグでも起こるので、おうちでもできるという嬉しい作り方。

ティーバッグも沸騰直前のお湯に入れてみると、ティーバッグの中で茶葉がジャンピング。

3.じっくり抽出

おいしい紅茶を抽出するには、さらにポイントがあります。

カップの中にティーバッグを先に入れるのではなく、湯を先に注いでからティーバッグを優しくカップの中に入れます。

お湯より先にティーバッグを入れると、お湯の圧力で中にある茶葉の繊維質が全部外に出てきてしまうので、それが雑味につながります。

ティーバッグを入れたらソーサーですぐにフタをして1分半~2分蒸らす。

1分半から2分蒸らして紅茶の成分を抽出させるのです。

ティーバッグを取り出すときにもポイントが!

ティーバッグをしぼらずにゆっくり引き上げる。

このとき、ティーバッグから垂れる1滴をゴールデンドロップスと言い、うまみのもとになる滴なので最後まで丁寧にカップに落とします。

4.ミルクは常温に

ミルクは冷蔵庫から出して常温にしておく。

冷たい牛乳を入れてしまうと、冷めるばかりか口の中でザラッと感じる渋みが出てしまうのです。

常温に戻した牛乳を適量注げば1段上のミルクティーの完成。

ほんのちょこっとした手間だけでお茶の味がおいしくなるのでお試しあれ。

おうちでできる!簡単ティーラテのレシピ

紅茶の上に泡立てたミルクを載せたティーラテが人気!

ティーラテのレシピ

  • 材料(1人分)
  • 水125ml
  • ティーバッグ4袋
  • ミルク(適量)

125mlの水を入れた鍋を強火にかけティーバッグを入れる。

そのまま煮詰め濃い紅茶を作ります。

後ほどミルクを泡立てることでミルクの甘みが出てきて紅茶の渋みと合わさり、おいしいティーラテを作ることができます。

ひと煮立ちしたら弱火にしてフタをし、さらに5分紅茶を煮出す。

この間にミルクの準備。

泡立ちをよくするためにミルクを電子レンジ600Wで1分半温めます。

取り出したら、泡立て器を使い泡立てるのですが、ここにもポイントがありホイップクリームぐらいのきめ細かい泡を目指します。

5分経った紅茶の鍋からティーバッグを取り出し、そのティーバッグを茶こしに押し込み最後の一滴までカップに搾り出します。

鍋に残っている紅茶の液もカップに移していきます。

ミルクn甘みを引き立てるため、紅茶はとにかく濃くするのがポイント。

最後に細かい泡にしたミルクを注いで完成。

オレンジピールをアクセントにしても。

おうちでできる!簡単ティーラテおすすめの飲み方

[st-step step_no=”1″]そのまま飲む[/st-step]

泡がきて、そのまま飲み続けると濃いめの紅茶がでてきます。

[st-step step_no=”2″]砂糖を入れ”味変”を楽しむ[/st-step]

砂糖を入れてよくかき混ぜて飲むと味の変化を楽しむことができます。

お茶とミルクと砂糖、この3つでちょっとキャラメルのような味に変わっていきます。

あさイチ「ミルクティーの知らない世界」番組放送内容

今人気のミルクティー。

缶やペットボトルの紅茶飲料の国内生産量は過去最高を記録し、最も売り上げが多いのはミルクティーです。

紅茶ドリンク販売金額の構成

  • ミルクティー 35.1%
  • レモンティー 20.9%
  • ストレート 22.9%
  • タピオカ入り 8.3%
  • ピーチ
  • オレンジ
  • アップル
  • その他

紅茶を飲むと適度に覚醒効果があります。

すっきり&リラックス 紅茶には気分をすっきりさせるカフェインとリラックスさせるテアニンが含まれていますがここにミルクを入れるとタンパク質によるリラックス効果のアップや紅茶の香りも持続して満足感が高まるといいます。

ミルクティーのうれしい効果

  • カフェイン=シャキッと
  • テアニン=ほっとりリラックス
  • ポリフェノール
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる